メリクリ!


京都の記事が途中だけど

今日はクリスマスだから

週末、神戸で過ごしてきたクリスマスディナーを。

枚方に住む M と神戸の『北野ホテル 』へ。



北野の坂の上にある
小さなかわいいホテル。

扉を開けると大きなクリスマスツリーがお出迎え。

ロビーはまるでステキなお宅にお邪魔したかのような

あたたかい雰囲気だよ。




暖炉あったりして。



ここはオーベルジュ。

ホテルの総支配人であり総料理長がつくるフレンチは

日本料理をコンセプトにしながらドラマティックで

最高のディナーだったよ。

自分のアルバムも兼ねているので

今日の記事は写真も多目。覚悟してね。



お料理は、クリスマス特別コース。

『ムニュ・ノエル~自然と五感~B』

まずはシャンパン。




シャンパンはこれ。


Pommery
おいしーー

アミューズ2種。

カプレーゼ。


フレンチなのにカプレーゼ?って思ってたら

トマトを抽出した液体をジュレ状にしたものに

白い塊は氷結されたチーズ。

それとフリーズドライにしたバジルを

同時に口に入れてくださいって。

口内調理だね。おもしろい。

前菜2種目。

聖護院大根・・・だったかな。
ソースも大根葉で。

■前菜:~拘り~フレッシュキャビアと兵庫県・柴山漁港の白エビ
カリフラワーのブルテに、ほのかなレモンの香りを纏わせて


溶けそうな白エビに生の薄切りカリフラワーの食感


自家製キャビア。
低温でマリネされたフレッシュキャビア。


今回のワインは、お料理に合わせて

1品ごとのペアリングをお願いしたよ。



パンは当然goodだけど
それよりバター!
海藻入りのバター大好き。これ。


■前菜:~土の香り~ 姫路産菊芋の濃厚なピュレ
大地香るブイヨンと共に



アップね。


こんなに手が入っているのに

素朴で土の香りがするの。


■前菜:~オマージュ~フランス伝統料理“鱈のブランダード”をリスペクト
フレンチ風白子の天ぷら仕立て


カリっとしててふわふわほわほわ。

■甲殻料理:~宝物~オマール海老のミ・キュイとブロッコリーのピュレ
柑橘の香りとコク深いビスクと共に



これに合わせた赤ワインが大好きだった。
Chateau Talbot Caillou Blanc 2015 



■魚料理:~海の恵み~ 塩米麹でマリネした漁港より直送のお魚
旬の冬キャベツと共に





 


■肉料理:~大自然~ 兵庫県のドメーヌ牛 "神戸髙見牛"と自然農法の小野菜
生産者の思いを意識して




お肉の上のパイ包み



蒸し焼きになってて甘くてほくほく。

■デザート:~花~シェフパティシエが花を表現したデザート2品

ひと品目。



タイベリーのお花。

もうひと品。





これがほんとの最後。
エスプレッソと。

今回、奮発してくれてとっても豪華なディナーだったよ。

大満足のフルコースにたっぷりのワインで

帰りの神戸 → 枚方のタクシーの中では

二人とも爆睡、という

なんともムードの無い二人。

でも食事を美味しくたっぷり食べられる幸せ。

健康で良かったな。

食いしん坊バンザイ。


あ、

メリークリスマス!




みなさんにも

サンタさん来るといいね。



2つのランキングに参加してます。

今日も見たよーっていう しるしに・・・

応援クリックどうぞよろしくお願いしますっ



にほんブログ村

もういっこ ぽちっと・・・ 


日々の出来事 ブログランキングへ



この”ぽち” で、ランキングと私のやる気がアガルしくみ。


さんきゅー!

コメント